aga男性型脱毛症には頭皮チェック

agaは、男性型脱毛症と言われる進行性の高い病気であり、普通の抜け毛から始まり、最終的には、頭全体から髪の毛が抜け落ちてしまうと言う状態になってしまいます。この病気の症状は、いつもの抜け毛から、徐々に髪の毛て行く本数が増えて行き、完全なハゲになってくるのです。agaは進行性の高いために、毎日の抜け毛チェックをすれは、早い時期で進行状況を確認する事が出来るのです。髪の毛を洗った時に手に付く抜け毛の量を見る事や、頭を洗い終わった後の排水溝に溜まった抜け毛の量を毎日見て置くだけでも、普通の抜け毛の量と比較する事が出来るのです。また朝の髪の毛のセットの際にも、ブラシやクシに付いている抜け毛を見る事でも抜け毛の量が解ります。いずれも抜けた髪の毛の量が増えた場合には、agaの可能性があるのです。一時的に数回増える場合には、少し様子を見た方が良いですが、一回増えてからずっと増えっぱなしの時には危険といえるのです。また整髪の際や、髪の毛を乾かしている時にも、鏡を見て地肌のチェックも一緒に行うと、比較的早く症状を見つけ出せるのです。地肌が見えていなかったのに、鏡を見てはっきりと地肌が確認出来てしまう時も危険となります。特に前頭部の生え際が、薄くなったと感じたら注意した方が良いのです。完全に抜け毛が増えた時には、agaの可能性があるので、皮膚科の病院か専門の治療院に赴き、いち早い診察、AGA治療を受けないと手遅れになってしまう事もありますで、毎日の頭皮チェックは大切なのです。

タグ ,